税込み768万円~の新築住宅 ゆきだるまのお家

zeh
メディア掲載履歴
建築知識ビルダーズ掲載
「日本エコハウス大賞受賞作品」
2023年12月20日

♦日本エコハウス大賞2023♦

NEXT創エネの家賞
協賛企業賞/硝子繊維協会

藤城建設がW受賞いただいた記事
2023年8月28日発行の全国誌

建築知識
ビルダーズ No.54

に掲載されました!

建築業界で、たいへん著名且つ
先進的な活動をされている方々の審査
によって受賞作品が
選ばれました。

 

受賞内容のご紹介

 

~NEXT創エネの家賞~

《DATA》
設計・施工◆藤城建設
所在地◆北海道札幌市(2地域)
家族構成◆夫婦+子ども+犬2匹
敷地面積◆198.34㎡(59.88坪)
建築面積◆43.37㎡(14.00坪)
延床面積◆92.74㎡(28.00坪)1階46.37㎡(14.00坪)/2階46.37㎡(14.00坪)
竣工年月◆2022年3月

《省エネルギー性能》
断熱性能(UA値)◆等級6(0.28W/㎡K)
日射取得(ηA値)◆冷房期1.7 暖房期1.2
気密性能(C値)◆0.5㎠/㎡

《断熱仕様》
屋根・天井◆ロックウール吹込み320㎜
外壁◆高性能グラスウール16K105㎜+ポリスチレンフォーム60㎜
床・基礎◆基高性能グラスウール16K105㎜ (立上り)+同16K50㎜(底版)
窓◆トリプルガラス (LIXIL)日射取得・遮蔽ガラス併用
暖房設備◆寒冷地エアコン2.8kW (10畳用)
冷房設備◆エアコン 2.2kW(6畳用)100V
給湯設備◆電気ヒートポンプ(CO2冷媒)エコキュート
換気設備◆第1種熱交換換気(全熱)「FY-12V」(パナソニック)
創工ネ設備◆太陽光パネル 5.94kW(屋根2.43kW、壁3.51kW)
耐震性能◆等級1
その他◆こどもみらい住宅支援事業 ZEH補助金100万円

 

~協賛企業賞/硝子繊維協会~

2022年ウッドショックの最中に建設した住宅である。
予算が限られているなか、高性能かつローコスト
太陽光発電パネルを搭載した住まいを提案した。

性能はHEAT20 G2で、北海道でもエアコン1台で
十分快適に過ごすことができる

主な断熱材には高性能グラスウールを採用し、
外壁には付加断熱としてポリスチレンフォームも併用。
トリプルガラス窓で日射取得・遮蔽で使い分けることで、
高い外皮性能を達成できた。

さらに、雪の多い地域でも壁面に設置した
太陽光パネルで、最も電気代のかかる冬場に発電

光熱費の負担を減らせるようにしている。

夏は電気使用量が少ないことから屋根置きの太陽光パネルは
少なくし、冬にこそ活躍する壁面太陽光の比重を高めた。

過去のデータ上、9枚以上の壁面太陽光パネルを設置
すると冬の電気代が1/3補填できる
見込みだ。

室内に採り込む日差しや風景を楽しむ窓とのバランスも
考慮しつつ、パネルが陰らないように計画している。

冷暖房はどこでも手に入るエアコンを採用。
汎用品を使うことで維持管理がラクになり、
永く住んでもらうことが目標だ。

高い外皮性能を確保したうえで太陽光パネルも
設置しているが、補助金を活用しながら
土地代・諸費用も含め実質2,640万円で実現。
土地の購入段階から建て主と検討を重ねる
ことで、予算内に納めることができた。

【講評】

資材価格の高騰から、グレードを下げて
提案せざるを得ない状況において、
希望面積を下回る28坪で提案するなど
コストパフォーマンスの高い家づくりをしています。

注目すべきは太陽光発電です。

雪が多い北海道は不要だという話もありますが、
壁にパネルを設置して発電量を補っています。

雪国でも、冬の暖かさと電気代の安心を
すべての家に備えてほしいと願い、
着実な取り組みが
多くの人の参考
になるため推薦しました。

 

日本エコハウス大賞は、
建築家にとってたいへん栄誉ある賞であり、
藤城建設では2022年に引き続き
2年連続受賞いただけることを
嬉しく思うとともに、外気が寒い中でも、
暖かで美しい暮らしを最小限のランニングコストで
暮らせる住宅を目指してまいります。

モデルハウス見学会予約
ゆきだるまのお家について